• 光鱗亭という名称は この場所で川端康成や三島由紀夫といった昭和を代表する作家の装丁を数多く手がけた装丁画家・岡村夫二の雅号です。

    当時の古きモダンなアトリエを伊豆の匠たちの技によってギャラリーとして再建されました。アーティスト側の目線で設計された空間は自由な展示スタイルをとることができ、作品を優しく包み込む木の香りいっぱいのギャラリーです。

    Kourin-tei is a gallery which was named under the pseudonym of Mr.Fuji Okamura, a deceased pictorial bookbinder who was on intimate terms with foremost eminent Japanese fiction writers among the literary circles of early twentieth century and took up his residence here . As a pictorial bookbinder, Fuji Okamura devoted his life to binding most of works written by famous novelists such as they are Yasunari Kawabata, Yukio Mishima, and Osamu Dazai's masterpiece entitled “The Setting Sun”, which is recognized as the best and last work throughout Dazai's literary career.

  • 新型コロナウイルス感染防止のため4月8日から臨時休館としておりましたが、首都圏を対象とした国の緊急事態宣言が解除されたことから、6月2日より展示・レンタルを再開いたします。なおギャラリー内ではマスクの着用をお願い致します。また感染防止のため、壁面や展示物等にお手を触れませぬようお願い致します。入口に消毒液を設置しておりますので手指消毒のご協力をお願い致します。

▲ ページの先頭へ
Copyright ©  2020   神楽坂 光鱗亭ギャラリー  All rights reserved.