• 光鱗亭という名称は この場所で川端康成や三島由紀夫といった昭和を代表する作家の装丁を数多く手がけた装丁画家・岡村夫二の雅号です。

    当時の古きモダンなアトリエを伊豆の匠たちの技によってギャラリーとして再建されました。アーティスト側の目線で設計された空間は自由な展示スタイルをとることができ、作品を優しく包み込む木の香りいっぱいのギャラリーです。

    Kourin-tei is a gallery which was named under the pseudonym of Mr.Fuji Okamura, a deceased pictorial bookbinder who was on intimate terms with foremost eminent Japanese fiction writers among the literary circles of early twentieth century and took up his residence here . As a pictorial bookbinder, Fuji Okamura devoted his life to binding most of works written by famous novelists such as they are Yasunari Kawabata, Yukio Mishima, and Osamu Dazai's masterpiece entitled “The Setting Sun”, which is recognized as the best and last work throughout Dazai's literary career.

  • ●お知らせ

    平素より光鱗亭ギャラリーをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

    2017年5月より休廊しておりました当ギャラリーですが、2019年4月からの再オープンに向けて現在準備を進めております。レンタルギャラリーとしては元よりイベントやワークショップなど、より広く皆様のニーズに対応できるよう新たな気持ちで再出発いたします。今後ともにお引き立ての程、何卒宜しくお願い申し上げます。

    現在4月以降の新たなご予約を受け付けております。

    詳しくはお問い合わせフォームよりご連絡いただけると幸いです。

    神楽坂・光鱗亭ギャラリー

    代表 水野雄介

▲ ページの先頭へ
Copyright ©  2019   神楽坂 光鱗亭ギャラリー  All rights reserved.