•  

    光鱗亭は 装丁画家・岡村夫二の雅号です。

    岡村夫二は太宰治をはじめ、川端康成や三島由紀夫といった昭和を代表する作家の装丁を数多く手がけました。その古きモダンなアトリエは、伊豆の匠たちの技によりギャラリーとして再建されました。

    アーティスト側の目線で設計された空間は自由な展示スタイルをとることができ、作品を優しく包み込む木の香りいっぱいのギャラリーです。

    Kourin-tei is a gallery which was named under the pseudonym of Mr.Fuji Okamura, a deceased pictorial bookbinder who was on intimate terms with foremost eminent Japanese fiction writers among the literary circles of early twentieth century and took up his residence here .

    As a pictorial bookbinder, Fuji Okamura devoted his life to binding most of works written by famous novelists such as they are Yasunari Kawabata, Yukio Mishima, and Osamu Dazai's masterpiece entitled “The Setting Sun”, which is recognized as the best and last work throughout Dazai's literary career.

     

  • What's New

     ※7月、8月、9月はイベント&ワークショップ以外は夏季休廊となりますのでご注意ください。

    <イベントのお知らせ>

    ◼︎8/7 UMAHANA 大谷先生のお話し会&小さな夏まつり

    レイメーカー、大谷先生は、お師匠さんのマリー・マクドナルドさんの言葉をきっかけに、日本の各地を歩きレイを編む活動をしています。

    「ハワイでそれぞれの島を象徴するレイが違うように、土地ごとに花の持つ意味は違います。
    その人がつけているレイを見たとき、私たちは、その人がどこからやってきたかを知ることができるのよ」
    (「笑顔の花飾り」より)

    各地で出会った方たちの笑顔をつなぐことが、大切なレイだと考え、先生はその活動を本にし、また、お話し会をされています。

    日本のお花の美しいレイや、そのレイをかけた方たちの、まっすぐで、あたたかい笑顔-
    そのお写真を見ていると、日本はほんとうに美しいな、とはっとします。そして、毎日の中の一瞬を大切にしたくなる、そんな優しい気持ちになります。

    ぜひ、大谷先生のお話し会に、遊びにいらしてください!会場は、神楽坂のすてきなギャラリーです。

    お話し会のあと、仲間で、小さな、小さな夏まつりもします。飲みもの、雑貨、ロミノホなどのコーナーもあります。どうぞごゆっくり、夏のひと時をお楽しみください。

    …………

    ◆10:30〜12:30 お話し会
    大谷 幸生先生
    レイメーカー
    UMAHANA代表
    http://umahana.com

    13815118_1073614856055506_97968223_n

    ◆12:30〜16:30 小さな夏まつり
    飲食/ハワイアン植物/雑貨/アロマ雑貨/ハワイアンフラワーエッセンス/ロミノホなど。
    14:00〜14:30フラや音楽ステージもあります。

    13817058_1073616076055384_533745578_n13819395_1073615839388741_1403833657_n13820464_1073616186055373_521766215_n

    ◆場所
    神楽坂・光鱗亭ギャラリーKagurazaka Kourintei Gallery
    http://www.kagurazaka-kourintei.com/?page_id=4

    ◆入場料 大人 1000円
    …………

▲ ページの先頭へ
Copyright ©  2016   神楽坂 光鱗亭ギャラリー  All rights reserved.